救急情報シート

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1011754  更新日 2022年10月28日

印刷大きな文字で印刷

救急搬送などのときに、救急隊や搬送先医療機関にご自身の情報を伝えるためのシートです。

救急情報シート

救急医療情報キットとは

 自分の氏名、生年月日、緊急連絡先や持病、服用している薬、かかりつけ医などの情報を記載したシートをプラスチック製の容器に入れて保管しておきます。そして、119番通報などの緊急時に駆けつけた救急隊員や救護者が、本人や家族から聞き取りができない場合などに活用しています。

 この記載情報について、例えば、服用している薬が変わった場合などは変更する必要があるため、高齢者等の見守り事業の一環として、定期的に各戸を訪問して確認していただいている地区もありますが、一人暮らし高齢者が増えている中で、この活動の継続が課題となっています。

救急医療情報キットの写真
救急医療情報キット

救急医療情報キットのシートの見直しをしました

 シートへの記入や、記載情報の確認がスムーズにできるように、市、市消防本部、市立総合病院の三者で検討して、項目を最小限にしました。そして、記入用紙の名称を区別するため、「救急情報用紙」を「救急情報シート」に改めました。

★この見直しは、地区における取組方法の見直しをお願いするものではなく、「プラスチック製の容器」や「救急情報用紙」は、そのまま活用していただいて構いません。それぞれの地区の実情に応じて、救急情報シートをご活用ください。

救急情報シートの利用について

  1.  磐田市にお住まいの人であれば、どなたでも利用できます。
  2.  シートは、以下のPDFをダウンロードするか、高齢者支援課や地域包括支援センター、消防署(分遣所を含む)で配付もしています。 ※10枚以上必要な場合は、事前にご連絡ください。
  3. 救急医療情報キットのプラスチック製の容器とステッカーは、市からは新たに配付しません。容器がなくても、救急隊員の目に留まりやすい場所(冷蔵庫の扉や部屋の壁など)に透明のビニール袋に入れて貼るなどしてあれば大丈夫です。 ※保険証やお薬手帳などと一緒に保管してあれば、「もしも」のときの情報伝達がよりスムーズになります。
  4. 毎年、お誕生日などに、記入した内容が変わっていないか確認してください。

※記入は裏面のみであるため、表面はなくても構いません。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

情報発信元

健康福祉部 高齢者支援課 地域包括ケア推進グループ
〒438-0077
静岡県磐田市国府台57-7 iプラザ(総合健康福祉会館)3階
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
電話:0538-37-4831
ファクス:0538-37-6495
健康福祉部 高齢者支援課 地域包括ケア推進グループへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。