教員免許状の有効期間を教えてほしい

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1001075  更新日 2018年8月31日

印刷大きな文字で印刷

お持ちの教員免許状はいつまで有効ですか?

教育職員免許法が改正され、平成21年4月から教員免許更新制が導入され、10年に1回、教員免許の更新が必要になりました。
生年月日により、免許状の有効期限(免許状更新講習の修了確認期限)と講習の受講期間が定められています。

よくある質問とお答え

Q1 現在は教職に就いていない者も、更新講習を受講しないと免許状は失効しますか。

(答)

平成21年3月31日までに授与された免許状を持っており、現在は教職についていない方は、免許状更新講習を受講しないまま修了確認期限が経過しても、持っている教員免許状が失効することはありません。

Q2 臨時又は非常勤の講師として学校に勤務したいときに、どのようなことに気をつければ良いですか。

(答)

勤務したいと思ったときに、すでに期限が過ぎていることがないように、各自の修了確認期限までに免許状更新講習を受講、修了することが必要になります。
磐田市教育委員会においては講師登録を行うことにより免許状更新講習を受講することができるようになりますので、学校教育課教職員係(電話:0538-37-2760)にご相談ください。
なお、登録は更新講習受講資格の付与に必要なものであり、直ちに採用が決定される者ではありません。

Q3 免許状更新講習の課程を受講・修了するまでの主な流れを教えてください。

(答)

有効期間満了前の2年間に、大学等が開設する30時間以上の免許状更新講習を受講・修了します。受講にあたっては、更新講習の開設状況を確認し、各人で、希望する更新講習の開設者に申し込みます。基本的な流れは以下のとおりです。

  1. 最初の修了確認期限の確認
    文部科学省ホームページに終了確認期限のチェックフォームがあります。生年月日等を入力すると更新時期がわかるようになっていますので免許を持っていらっしゃる方はぜひお試しください。
  1. 受講したい免許状更新講習を選択
    下記の文部科学省に免許状更新講習の認定一覧があります。
  1. 各自が各大学等に対して講習受講申込を行う。
    申し込みをする際に磐田市教育委員会が受講対象者であることの証明を添付します。
  2. 大学等が開設する免許状更新講習を受講する。
    全体で30時間以上を受講します。
    • 教職についての省察並びに子どもの変化、教育政策の動向及び学校の内外における連携協力についての理解に関する事項(いわゆる「必修領域」)12時間以上
    • 教科指導、生徒指導その他教育の充実に関する事項(いわゆる「選択領域」)18時間以上
  3. 静岡県教育委員会に確認申請を行う。
    「更新講習修了確認申請書」+「履修証明書(30時間以上の受講が修了したことの証明)」+免許状の写しが必要です。
  4. 静岡県教育委員会が確認を行い、確認の証明書を発行する。
    申請者本人に「更新講習修了確認証明書」が送付されます。この証明書には、次回の修了確認期限が記載されています。
  5. 教諭等に就くことができる。
    確認を受けた日の翌日から起算して10年を経過する日の属する年度の末日まで、すべての教員免許状が有効です。

情報発信元

教育部 学校教育課 教職員グループ
〒438-8650
静岡県磐田市国府台3-1 西庁舎3階
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
電話:0538-37-2760
ファクス:0538-36-3205
教育部 学校教育課 教職員グループへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。