令和3年3月17日(水曜) 十湖賞俳句大会で十湖大賞を受賞した鈴木瑠華さんが教育長を表敬訪問しました。

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1009333  更新日 2021年3月22日

印刷大きな文字で印刷

「ペガスス座 祭囃子(まつりばやし)の なき夜に」

第13回十湖賞俳句大会で大賞を受賞した浜名高校3年の鈴木瑠華(りゅうか)さん(向笠小、向陽中出身)が教育長を表敬し、受賞報告をしました。

十湖賞俳句大会は「第二の芭蕉(ばしょう)」とも呼ばれた浜松市出身の俳人である松島十湖にちなんで浜松市東区の主催で開催されています。

今回は、全国から集まった13,588句の中から鈴木さんの作品が大賞に選ばれました。

鈴木瑠華さんは「コロナ渦で秋祭りがない寂しさと、広大な秋の空のペガスス座を対比させてこの句を考えました」と語りました。
村松啓至教育長は「大賞受賞おめでとうございます。これからも素晴らしい句をたくさん詠んでくれること期待しています」と話しました。


写真:教育長と鈴木さん

写真:教育長と鈴木さんと関係者

情報発信元

教育部 教育総務課
〒438-8650
静岡県磐田市国府台3-1 西庁舎3階
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
電話:0538-37-4821
ファクス:0538-36-1517
教育部 教育総務課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。