緊急時の行動について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1005832  更新日 2018年8月29日

印刷大きな文字で印刷

弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動についてお知らせします。

弾道ミサイル発射直後の情報伝達

  • 弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。
  • ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、Jアラートを活用して、防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速報メールなどにより緊急情報をお知らせします。

メッセージが流れた直後に取るべき行動

【屋外にいる場合】

  • 近くの建物(できればコンクリート造りなど頑丈な建物)の中、また地下(地下街や地下駅舎などの地下施設)に避難してください。
  • 近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守ってください。

【屋内にいる場合】

  • できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動してください。

行政からの指示に従って、落ち着いて行動してください。
なお、さらに詳しい情報については、下記リンクを参照ください。

情報発信元

総務部 危機管理課
〒438-8650
静岡県磐田市国府台3-1 防災センター2階
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
電話:0538-37-2114
ファクス:0538-32-0177
総務部 危機管理課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。