統一的な基準による地方公会計制度

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1002637  更新日 2020年7月10日

印刷大きな文字で印刷

統一的な基準による地方公会計制度について説明します。

総務省の公表する「固定資産台帳の整備と複式簿記の導入を前提とした財務書類の作成に関する統一的な基準」に基づき作成した、固定資産台帳と財務書類を掲載しています。

固定資産台帳

本市の固定資産の取得年月日、取得価格、耐用年数、減価償却累計額などの項目を記載しています。

財務書類

財務書類を作成する会計等は、以下の3種類です。

  • 一般会計
  • 全体会計(一般会計+特別会計・企業会計)
  • 連結会計(一般会計+特別会計・企業会計+一部事務組合・広域連合・第三セクター等)

財務書類は4種類を掲載しています。
(貸借対照表・行政コスト計算書・純資産変動計算書・資金収支計算書)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

情報発信元

企画部 財政課 財政グループ
〒438-8650
静岡県磐田市国府台3-1 本庁舎4階
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
電話:0538-37-4883
ファクス:0538-37-4876
企画部 財政課 財政グループへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。