人権啓発

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1008795  更新日 2020年10月23日

印刷大きな文字で印刷

 世界人権宣言では「すべての人間は、生まれながらにして自由であり、かつ、尊厳と権利とについて平等である。人間は、理性と良心とを授けられており、互いに同胞の精神をもって行動しなければならない。」と書かれています。

 人権問題の多くに内在する差別意識を解消するとともに、互いの人権を尊重し合う社会を築いていきましょう。

 家庭内の問題や近所のトラブル、学校などのいじめなどの人権問題に関する相談に、人権擁護委員が応じます。詳細は下記内部リンクで確認してください。

シトラスリボン運動を推進しています

~新型コロナウイルス感染症が広がりを見せる今だからこそ~

シトラスリボン画像

 新型コロナウイルス感染症への警戒が続く中、感染者や回復した人、濃厚接触者、医療従事者やその家族の方などに対し、心無い言動や不当な扱いなど差別や偏見は決してあってはなりません。

 そこで、市民一人ひとりが感染症に対する正しい理解を持ち、互いに支え合い、励まし合えるまちを目指すための啓発活動として、磐田市では現在全国に広まりつつあるシトラスリボン運動(※)に賛同し運動を広めていきます。

シトラスリボン運動とは

 愛媛県の市民グループが始めた試みで、シトラス色のリボンや専用ロゴ(「地域」「家庭」「職場(学校)」を表す3つの緑色の輪がシンボル)を身につけて、「ただいま」「おかえり」の気持ちを表し、感染者等が地域に帰ってきたときに普段どおりの生活が送れるような「温かい、優しさあふれる地域づくり」を進める運動。

 

シトラスリボンの作り方

シトラスリボンの作り方その1とその2を掲載します。

その1とその2の違いは、その1のほうが作りやすく、その2のほうが作り終えた後に輪の大きさの調整が出来るなどの違いがあります。

シトラスリボン運動の関連リンク

 法務省の人権擁護機関では、新型コロナウイルス感染症に関連する不当な差別、偏見、いじめ等の被害に遭った方からの人権相談を受け付けています。
 困った時は、一人で悩まず、相談してください。

令和2年度 磐田市人権教育講演会

講談で学ぶ成年後見制度

令和2年度磐田市人権教育講演会を開催します。

実際に起きた事例をもとに、講談師が成年後見制度をやさしく説明します。どのような制度でどんなときに必要か、どうすれば使うことができるのかなど、成年後見制度について楽しく理解を深めてみませんか。

とき
11月22日(日曜)午後2時~午後3時(午後1時30分開場)
ところ
ワークピア磐田 多目的ホール
対象
どなたでも
講師
講談師 神田 織音 氏
定員
先着90人
参加費
無料(事前申し込みが必要です)
申込
11月13日(金曜)までに直接または電話、ファクスで福祉課(iプラザ3階)へ
その他

要約筆記、手話通訳、託児(先着5人)あり

※託児希望の方は、11月12日(木曜)までに申し込み(保険料100円)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

情報発信元

健康福祉部 福祉課 総務グループ
〒438-0077
静岡県磐田市国府台57-7 iプラザ(総合健康福祉会館)3階
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
電話:0538-37-4814
ファクス:0538-36-1635
健康福祉部 福祉課 総務グループへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。