介護予防

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1009003 

印刷大きな文字で印刷

高齢者の皆さんが住み慣れた地域でいきいきと生活できるよう支援する事業について紹介します。

健康長寿の3要素

静岡県では健康長寿の3要素として、運動・食生活・社会参加に着目した健康づくりを進めています。県内の高齢者約1万4千人の追跡調査により、3つの習慣とも望ましい生活の人は、そうでない人に比べ、長生きであることが分かっています。1つ目は運動です。今よりプラス10分歩くことを心掛けましょう。2つ目は食生活です。バランスの良い食事を心掛けましょう。3つ目は社会参加です。誰かと交流・つながりを持ち続けましょう。

健康寿命を伸ばすために「運動」「食生活」「社会参加」の3つを意識して取り組みましょう

通いの場

「社会参加」や「運動」の機会として「通いの場」があります。
仲間づくりや生きがいづくり、健康づくりができる活動を紹介します。

コロナに気をつけ ココロもカラダも健康に!

新型コロナウイルス感染症が流行し、外出の機会が減ったり、友人や離れて暮らす家族と気軽に会えなくなったり、以前とは違う日常を過ごしているのではないでしょうか。
特に高齢者の方は、このような状況の中、家で過ごす時間が長くなると、筋力が落ちて動けなくなったり、気持ちが落ち込んで閉じこもってしまうことなどが心配されます。
厚生労働省では、新型コロナウイルス感染症に気をつけつつ、高齢者の方々が健康を維持するための情報を紹介しています。
ぜひ、このWeb上の「通いの場」に集まって、ココロもカラダも健康になりましょう。

説明動画

短期集中予防サービスC

「運動」「食生活」について専門的な指導を受け、いつまでも自分らしくいきいきとした暮らしの実現を目指します。

情報発信元

健康福祉部 高齢者支援課 地域包括ケア推進グループ
〒438-0077
静岡県磐田市国府台57-7 iプラザ(総合健康福祉会館)3階
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
電話:0538-37-4831
ファクス:0538-37-6495
健康福祉部 高齢者支援課 地域包括ケア推進グループへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。