第8回 おいしく減塩!高血圧予防 

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1011047  更新日 2022年6月17日

印刷大きな文字で印刷

減塩クイズのこたえ

Q パンの中に塩分は入っているか?

こたえは・・・入っている!
実際に塩辛く感じることは少ないですが、パンにも塩分は含まれています。
6枚切り食パン1枚で1gほど塩分が入っています。

6枚切り食パン1枚で1gほど塩分が入っています。

先頭へ戻る

私たちがとっている1日の塩分量はどのくらい?

平均食塩摂取量は男女ともに目標値より1日約3gほど多くなっています。

日本人の食事摂取基準では食事摂取基準(2020年版)では1日の食塩摂取量の目標量を男性7.5g未満、女性は6.5g未満としています。

1日の食塩摂取量の目標量を男性7.5g未満、女性は6.5g未満としています。

令和元年度国民健康・栄養調査結果より男性10.9g、女性9.3g と目標を上回っています。

また、静岡県民健康基礎調査(平成25年度)の結果では男性10.1g、女性8.6gと男女ともに1日約3gほど多く食塩を摂っていることが分かります。

先頭へ戻る

なぜ「減塩」が大切なの?

塩分のとり過ぎは高血圧と関係しており、血圧が高い状態が続くと血管に負担がかかり動脈硬化の原因になります。

【血圧と塩分の関係】

塩分をとりすぎると血液の塩分濃度が上がる。その濃度を薄めようと血管内に水を取り込んで血液量が増える。血液量が増えると血管にも強い圧がかかり血管が傷つく。これにより血圧が高くなる。

先頭へ戻る

おうちでできる減塩レシピ

磐田市健康増進課と株式会社杏林堂薬局との包括連携協定により作成した「おいしい減塩レシピ」を紹介します。
電子レンジだけでできる暑い日にもぴったりな「えのきのさっぱり中華風サラダ」です。
ぜひおうちの献立にも取り入れてみてください!

先頭へ戻る

知っていますか?「減塩の日」

みなさんは「減塩の日」知っていますか?
日本高血圧学会によって世界高血圧デーである5月17日に合わせ、毎月17日は「減塩の日」と制定されています。
いつまでも健幸に過ごせるよう、この機会に高血圧予防について学び、自分自身の生活を見直してみませんか?
 

「減塩の日」について
詳しくは日本高血圧学会ホームページをご覧ください。

わたしたちは普段の食事から知らないうちに塩分を多くとってしまいがちです。
毎月17日の「減塩の日」。ぜひ自分自身、ご家族の食生活を振り返ってみませんか?

次回は、具体的な減塩のコツについて掲載予定です。お楽しみに!

先頭へ戻る

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

情報発信元

健康福祉部 健康増進課 地域保健グループ
〒438-0077
静岡県磐田市国府台57-7 iプラザ(総合健康福祉会館)3階
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
電話:0538-37-2013
ファクス:0538-35-4586
健康福祉部 健康増進課 地域保健グループへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。