特産物

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1002018  更新日 2023年1月16日

印刷大きな文字で印刷

磐田市の特産品を紹介します。

海辺編

シラス

写真:シラスの釜揚げ

近海で獲れるため鮮度が良く、加工技術が高いことから、福田産のシラス干しは多くの人に高く評価されています。

天然トラフグ

写真:天然トラフグ

遠州灘トラフグは、歯ごたえがあり、繊細な味わいもある一押し料理です。

ウナギの白焼き

写真:ウナギの白焼き

新鮮なウナギを白焼きにしました。

野山編

いわた茶

写真:いわた茶

渋みが少なく、香りと甘みが強いのが、磐田原で摘まれる「いわた茶」の特徴です。

いわた茶振興協議会が製作した「いわた茶マップ」には、市内の約40の製茶工場の場所や購入できる販売所などが掲載されています。

アローマメロン

写真:アローマメロン

1本の木にたった1つだけ実を残し、大切に育てられた温室栽培のマスクメロンです。

海老芋

写真:海老芋

縁起物として珍重されている海老芋は、日本一の生産量を誇っています。肉質が細かく、煮込んでも煮崩れしないのが特徴です。

白ネギ

写真:白ネギ

甘みが強く、栄養価が高い白ネギは、鍋物に最適です。

ころ柿

写真:ころ柿

まるで、すだれのように吊るされた「ころ柿」は、晩秋の風物詩。

シイタケ

写真:シイタケ

肉厚なシイタケは、焼いてよし、煮てよし、香りもよし。

青梗菜(チンゲンサイ)

写真:青梗菜

昭和54年から当地域を中心に一大産地化が図られ、全国に広がった野菜。ビタミンAが多く含まれ、炒めたり、茹でたり、あんかけにしてもおいしいです。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

情報発信元

経済産業部 農林水産課 農林水産振興グループ
〒438-8650
静岡県磐田市国府台3-1 西庁舎1階
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
電話:0538-37-4813
ファクス:0538-37-1184
経済産業部 農林水産課 農林水産振興グループへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。