低炭素建築物の認定申請

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1002154  更新日 2020年7月10日

印刷大きな文字で印刷

低炭素建築物の認定申請について説明します。

都市の低炭素化の促進に関する法律の概要

「都市の低炭素化の促進に関する法律」(以下「法」という。)が平成24年12月4日に施行され、「低炭素建築物」を認定する制度が創設されました。
対象建築物は、市街化区域内において新築、増築、改築、修繕若しくは模様替え又は建築物への空気調和設備等の設置若しくは改修をしようとするものです。認定を受けるためには、エネルギーの使用の合理化に関する法律(以下「省エネ法」という。)に基づく省エネルギー基準を超える性能を有し、かつ、低炭素化に資する措置を講じた低炭素建築物新築等計画を作成し、所管行政庁に申請します。
認定を受けた建築物については、所得税等の税制優遇や容積率緩和措置の対象になります。

低炭素建築物新築等計画の認定手続き

低炭素建築物の認定を希望される申請者は、審査機関※で技術的基準等の「事前審査」を受けてください。
審査機関※が交付する技術的基準等の「適合証」を申請図書に添付して申請してください。

フロー図:低炭素建築物の認定申請

※審査機関とは、磐田市告示第263号で定める「登録建築物調査機関」(※1)又は「登録住宅性能評価機関」(※2)。

※1「登録建築物調査機関」…エネルギーの使用の合理化に関する法律第76条第1項に規定する機関
※2「登録住宅性能評価機関」…住宅の品質確保の促進等に関する法律第5条第1項に規定する機関

注意

認定を受けようとする建築物は、認定を受ける前に着手することはできません。
(認定申請受付後の着手になります。)

認定基準について(参考)

低炭素建築物新築等計画は、以下に示す基準に適合しなければなりません。

1.定量的評価項目
省エネ法に基づく省エネ基準に比べ一次エネルギー消費量が10%以上低減されたものであること。また、断熱性能について省エネ法に基づく省エネ基準に適合していること。
2.選択的項目
節水対策、エネルギーマネジメント、ヒートアイランド対策又は建築物(躯体)による対策等の低炭素化に資する措置を一定以上講じていること。
3.基本方針
第3条第1項に基づく都市の低炭素化の促進に関する基本的な方針に照らし適切なものであること。
4.資金計画
低炭素化のための建築物の新築等を確実に遂行するために適切なものであること。

※詳細は、関係規則・告示等で確認してください。

申請に必要な書類

認定申請をしようとする者(申請者)は、次に掲げる図書について正副2部用意し、申請してください。

都市の低炭素化の促進に関する法律施行規則に基づく添付図書等

申請手数料

税の特例措置(国土交通省ホームページ)

都市の低炭素化の促進関係リンク集

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

受付時間・窓口(問い合わせ)

受付時間
午前8時30分~午後5時15分
休日
土曜・日曜、国民の祝日(休日)、年末年始
磐田市役所西庁舎2階
建築住宅課建築グループ 電話:0538-37-4899

情報発信元

建設部 建築住宅課 建築グループ
〒438-8650
静岡県磐田市国府台3-1 西庁舎2階
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
電話:0538-37-4899
ファクス:0538-33-2050
建設部 建築住宅課 建築グループへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。