令和2年度 当初予算

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1007821  更新日 2020年3月27日

印刷大きな文字で印刷

市の令和2年度当初予算についての情報をお知らせします。

令和2年度 当初予算

令和2年度は、すべての市民のみなさんが安全で元気に暮らせるよう、「より暮らしやすい磐田市へ!市民第一で、さらに挑戦する磐田」を基本目標に掲げ、この基本目標を推進するため、市政の重点目標として、「総合力ナンバーワンを目指したまちづくり」、「持続可能な行財政基盤の確立」、「将来を見据えた成長・発展の基盤づくり」の3つを設定して、予算編成に取り組みました。

  • 一般会計は、JR御厨駅の開業に伴うJR新駅設置事業の大幅な減額はあるものの、ながふじ学府一体校や(仮称)磐田市文化会館の整備を引き続き進めるほか、新たに今之浦市有地等の公園整備、豊田支所の防災拠点施設化などを進めるとともに、幼児教育・保育の無償化の影響や障害児等に対する福祉サービスの増などにより扶助費が増額となったこと、会計年度任用職員制度の導入に伴い人件費が増額となったことなどにより、令和元年度当初に比べ0.5%、3億4千万円増額の669億7,000万円となり、4年連続で最大の予算規模になりました。
  • 特別会計は、要介護認定者の増加などによる介護保険事業特別会計の増額や、保険料の改定や被保険者数の増加などによる後期高齢者医療事業特別会計の増額はあるものの、被保険者数の減少などによる国民健康保険事業特別会計の減額により、特別会計全体では令和元年度当初に比べ0.5%、1億7,246万2千円減額の317億4,065万8千円となりました。
  • 企業会計は、給与費や資産購入費の増などによる病院事業会計の増額などにより、企業会計全体では令和元年度当初に比べ6.1%、21億404万4千円増額の367億5,964万7千円となりました。

一般会計と特別会計8会計、企業会計3会計を加えた総予算額は、令和元年度当初に比べ1.7%、22億7,158万2千円増額の 1,354億7,030万5千円となりました。

令和2年度 当初予算概要

令和2年度 一般会計予算書(附 予算に関する説明書)

※令和2年度一般会計当初予算は、『みんなで考えよう食と学校給食「食ありがとう月間」(小学校給食費の1か月無償化)』の内容を除いた修正案が議会において提出され、可決されました。

令和2年度 特別会計・企業会計予算書(附 予算に関する説明書)

令和2年度 当初予算編成方針

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

情報発信元

企画部 財政課 財政グループ
〒438-8650
静岡県磐田市国府台3-1 本庁舎4階
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
電話:0538-37-4883
ファクス:0538-37-4876
企画部 財政課 財政グループへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。