明ヶ島古墳群出土土製品附土製品残欠

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1002061  更新日 2019年3月25日

印刷大きな文字で印刷

国指定文化財の「明ヶ島古墳群出土土製品附土製品残欠」について紹介します。

東部土地区画整理事業で発掘調査された明ヶ島では、古墳の下部から約4,000点以上の土製模造品が見つかりました。

土製品は、人・動物・武器・装飾品・機織具・楽器などの形をまねて粘土で作った焼き物で、手のひらに乗るくらいの大きさです。さまざまな種類の土製品を組み合わせて地面に置き、神への祈りを捧げるときに使ったと考えられます。数が多いこと、種類が豊富であることが、全国的にみても他に例がなく秀でていることから、平成25年6月19日に重要文化財となりました。


明ヶ島古墳群出土した人・動物・武器・装飾品・機織具・楽器などの形をまねて粘土で作った焼き物の写真
明ヶ島古墳群出土土製品
明ケ島古墳群で出土した犬とイノシシの形をした土製品の写真
犬とイノシシ

重要文化財 明ヶ島古墳群出土土製品を修理しました!

市内で唯一の重要文化財である明ヶ島古墳群出土土製品を、恒久的に保存していくために、国・県から補助金を受けて、平成26年度から修理を進めています。重要文化財の保存処理の実績がある専門機関に保存処理を委託しています。修理の必要がある残りのよいもの1,064点のうち、平成31年3月までに594点の修理が完成しました。あと3年かけてすべての土製品を修理する予定です。平成30年度は、大刀・弓・矢などの武器形と鏡形、腕輪・玉類などの装身具形を合計266点修理しましたのでその概要をご紹介します。

文化財の名称:重要文化財 明ヶ島古墳群出土土製品

修理方針:

  1. 現状の簡易な接合・復元を一旦解体して、クリーニングする。
  2. 表面がもろくなっている土製品には樹脂を塗り強化する。
  3. 再度接合し、形のわかるものは復元する。
  4. 実物の色に合わせて復元部分に色を塗る。ただし、実物部分と区別できるように仕上げる。
  5. 土製品の大きさに合わせて安定して保管できるよう桐の保管箱を作る。

実施期間:平成26年度~33年度(8年)

平成30年度実施期間:平成30年5月7日から平成31年3月15日まで(8年計画の5年目)

事業費:平成30年度総事業費8,280,000円

国庫補助金 4,140,000円 県費補助金1,380,000円

市負担額 2,760,000円

 

文化庁ロゴ
(重文)静岡県明ヶ島古墳群出土土製品美術工芸品保存修理事業
本事業は、文化庁美術工芸品重要文化財修理事業国庫補助金の交付を受けて実施されています。

明ヶ島土製品 弓の修理、解体、復元、修理後写真

明ヶ島土製品 大刀の修理前、解体、復元、修理後の写真

明ヶ島土製品 鏡の修理前、解体、復元、修理後の写真

明ヶ島土製品 勾玉の修理前、解体、復元、修理後の写真

明ヶ島土製品 小玉の修理前、解体、復元、修理後の写真

明ヶ島土製品 耳輪の修理前、解体、復元、修理後の写真

明ヶ島土製品の保管箱、センターで保管している様子の写真

修理した明ヶ島土製品を企画展で展示している様子の写真

受付時間・窓口(問い合わせ)

受付時間
午前8時30分~午後5時15分
休日
土曜・日曜、国民の祝日(休日)、年末年始
磐田市教育委員会
文化財課(磐田市埋蔵文化財センター内)
電話:0538-32-9699

情報発信元

教育部 文化財課
〒438-0086
静岡県磐田市見付3678-1 埋蔵文化財センター
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
電話:0538-32-9699
ファクス:0538-32-9764
教育部 文化財課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。