明ヶ島古墳群出土土製品保存修理

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1007924  更新日 2020年3月19日

印刷大きな文字で印刷

国指定文化財の明ヶ島古墳群出土土製品保存修理の概要を紹介します。

平成30年度の保存修理

平成30年度は、大刀・弓・矢などの武器形と鏡形、腕輪・玉類などの装身具形を合計266点修理しましたのでその概要をご紹介します。

平成30年度の保存修理の概要

文化財の名称:重要文化財 明ヶ島古墳群出土土製品

平成30年度実施期間:平成30年5月7日から平成31年3月15日まで(8年計画の5年目)

事業費:平成30年度総事業費8,280,000円

国庫補助金 4,140,000円 県費補助金1,380,000円

市負担額 2,760,000円

明ヶ島土製品 弓の修理、解体、復元、修理後写真

明ヶ島土製品 大刀の修理前、解体、復元、修理後の写真

明ヶ島土製品 鏡の修理前、解体、復元、修理後の写真

明ヶ島土製品 勾玉の修理前、解体、復元、修理後の写真

明ヶ島土製品 小玉の修理前、解体、復元、修理後の写真

明ヶ島土製品 耳輪の修理前、解体、復元、修理後の写真

明ヶ島土製品の保管箱、センターで保管している様子の写真

修理した明ヶ島土製品を企画展で展示している様子の写真

受付時間・窓口(問い合わせ)

受付時間
午前8時30分~午後5時15分
休日
土曜・日曜、国民の祝日(休日)、年末年始
磐田市教育委員会
文化財課(磐田市埋蔵文化財センター内)
電話:0538-32-9699

情報発信元

教育部 文化財課
〒438-0086
静岡県磐田市見付3678-1 埋蔵文化財センター
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
電話:0538-32-9699
ファクス:0538-32-9764
教育部 文化財課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。