新しい生活様式に関する火災に注意

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1008511  更新日 2020年6月24日

印刷大きな文字で印刷

飛沫感染防止シートが燃える火災が発生しています

新型コロナウイルス感染予防のため、対面するカウンターなどに透明な飛沫感染防止シートを設置している店舗が増えています。中には簡単に火がついてしまう物があります。全国では火災も発生していますので、シートの周辺で火を使わないようにお願いします。また、熱くなる電灯などの近くに設置しないようにしてください。天井などから吊り下げる場合には、スプリンクラーなどの消防設備の障害にならないように注意してください。

消毒用アルコールの取り扱いに注意してください

新型コロナウイルス感染予防のため、消毒用アルコールが様々な場所で使われています。火の近くで使用すると、簡単に引火し、火災の原因となります。火のそばに置いたり、乾く前に火気を取り扱うことのないよう、十分に注意してください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

情報発信元

消防本部 予防課
〒437-1292
静岡県磐田市福田400 福田支所3階
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
電話:0538-59-1718
ファクス:0538-59-1766
消防本部 予防課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。