緊急消防援助隊 等

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1009746  更新日 2021年8月6日

印刷大きな文字で印刷

緊急消防援助隊

地域を越えた消防活動

緊急消防援助隊は、平成7年(1995年)阪神・淡路大震災の教訓を踏まえ、大規模災害等において被災地の消防力では対応が困難な場合に、全国の消防機関相互による援助体制を構築するため、平成7年6月に創設されました。

被災地からの要請を受け、各都道府県の消防本部や航空隊が応援に駆けつけ、地域を越え消防活動を実施します。

緊急消防援助隊について、詳しくは下記をご覧ください。

緊急消防援助隊登録隊数

磐田市消防本部では、緊急消防援助隊として、消火小隊2隊、救急小隊3隊、救助小隊1隊を登録しています。災害の種類や規模に応じて被災地からの要請を受け、出動します。

消火隊

消火小隊
消火活動を主な任務とし、隊員4人以上で編成されます。口径65ミリホースを積載することが必要です。


救急隊

救急小隊
救急隊員3人以上で編成され、けが人の応急手当や病院までの患者搬送が主な任務です。


救助隊

救助小隊
救助隊員5人以上で編成され、家屋や車、瓦礫の中からの救出、捜索などの救助活動が主な任務です。

静岡県消防相互応援協定

県内41市町で締結

静岡県では、平成29年に県内の市町相互の消防力を活用して、災害の被害を最小限に防止するための消防の相互応援について締結されました。

静岡県内で大きな災害が発生した場合には、県内の他市町より応援に駆け付け、消防活動を実施します。

緊急消防援助隊(消防相互応援協定)の派遣経過と活動状況

派遣写真
11次派遣隊帰任式

磐田市消防本部では、2021年7月3日に発生した県内熱海市土砂災害に、静岡県消防相互応援協定に基づき、土砂災害現場での捜索・救助活動を実施していましたが、8月3日をもって県内応援は終了しました。 

  • 派遣日数 32日 
  • 派遣隊及び人数 延べ24隊 81名

これまでの活動状況等

熱海市土砂災害

東日本大震災

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

情報発信元

消防本部 予防課
〒437-1292
静岡県磐田市福田400 福田支所3階
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
電話:0538-59-1718
ファクス:0538-59-1766
消防本部 予防課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。