介護サービスを利用するには(ケアプランの作成~サービスの利用)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1001936  更新日 2020年4月10日

印刷大きな文字で印刷

介護サービスを利用するには(ケアプランの作成~サービスの利用)について説明します。

在宅サービスの利用にはケアプランが必要です

在宅で介護サービスを利用するために、まずケアプラン(居宅サービス計画)を作成します。ケアプランとは1週間および1カ月に受ける在宅サービスの予定表のことで、ケアマネジャーが作成します。なおケアプランの作成にかかる費用については、利用者の自己負担はありません。

ケアプランを作成するには 要介護1~要介護5の認定を受けた方

要介護1~5の認定を受けた方は、居宅介護支援事業所にケアプランの作成を依頼します。
居宅介護支援事業所は利用者本人または家族で選んで契約することになりますので、事業所に直接電話等でお問い合わせください。

ケアプランを作成するには 要支援1~要支援2の認定を受けた方

要支援1~2の認定を受けた方は、地域包括支援センターにケアプランの作成を依頼します。市内には7カ所の地域包括支援センターがありますが、それぞれ担当する地域が決まっていますので、お住まいの地域を担当するセンターに依頼をしてください。

居宅サービス計画作成依頼(変更)届出書を提出してください

ケアプランを作成する担当のケアマネジャーが決まったら、介護サービスの利用を開始する当日までにあらかじめ市に居宅サービス計画作成依頼(変更)届出書を提出してください。ケアマネジャーに届出書の提出の代行をしてもらうこともできます。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

情報発信元

健康福祉部 高齢者支援課 事業給付グループ
〒438-0077
静岡県磐田市国府台57-7 iプラザ(総合健康福祉会館)3階
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
電話:0538-37-4869
ファクス:0538-37-6495
健康福祉部 高齢者支援課 事業給付グループへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。