土器塚古墳

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1002064  更新日 2018年8月28日

印刷大きな文字で印刷

県指定文化財の「土器塚(かわらけづか)古墳」について紹介します。

写真1
土器塚古墳

中泉・国府台(こうのだい)にある土器塚古墳は、直径約36m、高さ約5mの円墳です。また、周囲には幅7mほどの堀がめぐっていました。

遺体を葬った場所は、長さ7m~8m、幅1mの穴に棺を納めたものと推定され、東西方向に造られていました。 中のようすはわかっていませんが、周辺から管玉(くだたま)1点とよろいのかけらが見つかっています。

見つかったよろいの形などから、5世紀前半(古墳時代中期)に造られた古墳であることがわかりました。磐田市南西部の豪族(有力者)の墓と考えられ、県史跡に指定されています。

受付時間・窓口(問い合わせ)

受付時間
午前8時30分~午後5時15分
休日
土曜・日曜、国民の祝日(休日)、年末年始
磐田市教育委員会
文化財課(磐田市埋蔵文化財センター内)
電話:0538-32-9699

情報発信元

教育部 文化財課
〒438-0086
静岡県磐田市見付3678-1 埋蔵文化財センター
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
電話:0538-32-9699
ファクス:0538-32-9764
教育部 文化財課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。