太刀 銘成高

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1002068  更新日 2018年8月28日

印刷大きな文字で印刷

県指定文化財の「太刀 銘成高(たち めいなりたか)」について紹介します。

写真1
太刀 銘成高

鎌倉時代初期に備前国(岡山県)の刀工、成高によって製作された刀です。成高の刀は、源平の戦いで弓の名手として知らせた那須与一の刀(重要文化財)など6本しか知られていません。見付に伝わるこの太刀は、典型的な鎌倉時代初期の備前刀の特色をもちます。この時代の太刀が静岡県内に伝来することは希少で、貴重な作です。この刀は見付宿の住人「上村清兵衛」が徳川家康から拝領されたと伝えられています。

情報発信元

教育部 文化財課
〒438-0086
静岡県磐田市見付3678-1 埋蔵文化財センター
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
電話:0538-32-9699
ファクス:0538-32-9764
教育部 文化財課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。