節水対策のお知らせ

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号 1006701  更新日 2019年4月19日

印刷大きな文字で印刷

磐田市上水道水源の約5割は、太田川の水を利用している県遠州水道を使用しています。
2019年4月19日現在、佐久間ダムの節水対策が解除されましたが、太田川の上流部で降雨が少ないため、県では4月16日に関連市町で引き続き節水を呼び掛けています。
現時点では、磐田市は一般家庭への給水制限は実施しないため、生活に直接影響はありませんが、今後を見据えて節水にご協力くださいますようお願いいたします。

上手な節水方法

お風呂の残り湯の有効利用

お風呂の残り湯は洗濯に使いましょう。残り湯を半分ずつでも使えば、1ヶ月に10~15杯分の節約ができます。

朝の残り湯はまだ温かく、水との温度差は夏で約10℃、冬で約20℃もあり、洗浄力もアップして一石二鳥です。

残り湯は他にも庭木の水やり、拭き掃除、洗車と使い道はいろいろ。節水はアイデアと心がけ次第です。

洗濯はまとめて

少ない洗濯の量で何度も洗濯機を回すのは水と洗剤のムダです。ある程度洗濯物がまとまってから洗いましょう。

トイレは何度も流さない

トイレで水を流すのはなるべく1回にしましょう。流れていく水の量は1回につき約12~13リットル。

決して少ない量ではありません。

蛇ロはこまめに閉めましょう

毎日の生活の中で意識することで節水することができます。ぜひ、出来るところから取り組んでみましょう。

はみがき

はみがきはコップにくんで。流しっぱなしだと1分間に約6リットルが流れていきます。

洗車

バケツで洗えば約5杯ですむ洗車も、流しっぱなしのホースで洗うと使う水の量は約6倍、バケツ30杯以上になります。

台所

食器などはため洗いに。食器は食後、水にっけておけば汚れが落ちやすくなり節水になります。

まず、コップ・茶碗など汚れの少ないものから洗い始め、汚れの多い鍋やフライパンへと順に洗って水を使い回ししましょう。

冷凍食品を流水で解凍するときも、その水をためて洗いものに使えます。鍋や食器の汚れは、洗う前に拭き取りましょう。

ゴミが流れるのを防げるとともに、汚れが落ちやすくなり洗剤の量も減らせます。

また、洗剤はたくさん使ったからといって洗う力が強くなるわけではありません。適量を守って使用しましょう。

応急給水箇所

地図

情報発信元

環境水道部 上下水道工事課 施設グループ
〒437-1292
静岡県磐田市福田400 福田支所2階
受付時間:午前8時30分~午後5時15分
電話:0538-58-3281
ファクス:0538-58-3271
環境水道部 上下水道工事課 施設グループへのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。